介護のおじさん日記

介護を中心に日常の色々な事を書いていきます!

介護業界の通所施設について

前回の記事で書いたように自分は高齢者と障害者、両方の通所施設の経験があります!
これから、両方の体験談を書いていきたいと思います❗


まずは【高齢者のデイサービス】です。
高齢者のデイサービスの1日の流れはだいたいこのようになっています。
まず、朝1日の流れを確認する為にミーティングを行います。主に、新規の利用者の方がいれば、その方のADLの確認を行います。(食事、入浴、排泄等が、自分でどの程度行えるか)
そして、既存の利用者の方は新たな変化(認知症の度合いや病気)がないか確認します。
ミーティング後、送迎に出発します!


通所施設では送迎はかなり重要な仕事で、朝迎えに行く際は、出欠の状況を確認して、漏れなく利用者さんを迎えにいきます!(利用者さんを乗せ忘れたりしたら大変なので、何度も確認します。)


その後、施設に到着してから、お茶を飲んで一息ついてもらってから、個別活動に移ってもらいます。
個別活動では、利用者さんに自分の好きな事を行ってもらいます。以前の施設では主に、書道や生花、テレビ鑑賞に花札、将棋、オセロ、カラオケ等がありました。自分の施設では、個別活動の合間に入浴したい方はお風呂に入ってもらっていました。


お風呂の種類は機械浴と個浴があり、ADL(日常生活動作)の状態を見て、どっちに入ってもらうか決めます!入浴中は、浴室の温度や足元が滑らないかに気を付けます。(前の施設では、入浴中に意識がなくなったりする方もいたので、入浴時は特に注意します)
そして、入浴後に昼食を摂り、午後の活動に移ります。

 

午後の活動は体操、発声練習、ゲームをグループで行います。
ゲームは、曜日によって内容が変わり、利用者の方を飽きさせないようにします。
ゲーム終了後は、おやつを食べ帰りの送迎を行います。送迎から帰って来てから、皆で帰りのミーティングを行い、1日終了となります。


その他に、外出支援や、料理作り、餅つき、敬老会、運動会等普段とは違う行事がいくつかありました。以上が、だいたいの高齢者通所施設の仕事内容です。

 

次に、【障害者の通所施設】の仕事です。
1日の流れは高齢者施設とだいたい同じです。
まず、利用者さんを迎えに行きます。

施設に到着後、個別活動を行ってもらいます。
自分の施設では、牛乳パックを使用した作業やビーズ通し、ボールペンの組み立て、解体等を行います。その後、昼食を食べ、午後の活動に移ります。


午後の活動は、カラオケやエアロビ、近くの公園に散歩、創作、ゲーム等を行い、帰りの送迎をします。その他に、1年に1回施設のお祭りがあったり、パン工房が併設されている施設なので、店舗でのパンの販売やバザーの際にパンや手作りのアクセサリー等を出品します!


ほとんどの流れは高齢者、障害者共に同じなのですが、何が違うのかというと、【目的】が異なります!


高齢者のデイサービスは、余暇をいかに充実したものにするかに力を入れています。
一方、障害者の施設は、余暇を楽しむ事の他に、少しでも自立して生活出来るようにするかが、目的です!このように、同じ通所施設でも異なります。


以上が自分が経験した内容ですが、その他に就労移行等、障害者の人が一般の企業で働けるように支援する仕事もあります。

夜勤が苦手な人には通所施設は非常に働き易いですし、生活リズムも安定するのでお薦めです❗

介護業界へ転職を考えている方お勧めしてます!

マイナビは大手なので安心です。

               ↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


福祉・介護ランキング