介護のおじさん日記

介護を中心に日常の色々な事を書いていきます!

サッカー日本代表とサラリーマン社会の類似性

Yahooのトップニュースの中で、サッカー日本代表中島翔哉選手が今回のガーナ戦に選出されない事が決まった。

このニュースを見た時、嘘だろと思った。今の日本代表選手の中で、一番期待出来る選手だと感じていたからだ。

西野監督はこう言っていた。「彼は一年間ポリバレントではなかった」と。

ポリバレントの意味を知らなかったので、早速調べてみた。

ポリバレントとは、複数のポジションをこなすことの出来る選手と言う意味らしい。

すごく、疑問を感じた。果たしてこの試合間近で未だにメンバーが定まっていない、4年に1度のワールドカップでこのポリバレントを追求するがゆえ、得点力があり、試合に出る度にワクワクさせてくれる選手をわざわざ外す必要があるのだろうか?

ここで、サラリーマンの組織社会と照らし合わせて考えてみた。

会社には、それぞれ営業部、経理部、総務部、法務部、人事部等様々な部署が存在する。

サッカーのポジションも一緒で、大きく分けてフォワード(FW)、ミッドフィルダー(MF)、ディフェンダー(DF)、ゴールキーパー(GK)というポジションがある。

今回の西野監督が言っている事は、サラリーマン社会で言うと、営業だけではなく、他の部署もそれぞれ少しはわかっている器用貧乏な人がほしいと言う事だろう。

ここに僕は、問題提起したい。この後、数ヶ月で始まるワールドカップにおいて、スペシャリストよりもゼネラリストを求めるのはなぜだろうか?

時間があれば、それでも良いが、時間がない今は、むしろポジションに特化した専門家を選ぶべきではないか?

中島選手は、前監督ハリルホジッチ監督の際にはとても重宝されていた。

この事を考えると、サッカーの世界もサラリーマン世界と同様に上司(監督)が変われば、評価が180度変わってしまうのだと思った。

逆に捉えれば、今現在、仕事であまり評価されていない人もその上司や会社が見る目がないだけで、他の上司や会社に行けば180度変わった評価が受けられるかもしれないですね。

今回の記事は、あまりにもガッカリしてしまったので書かせてもらいました。