介護のおじさん日記

介護を中心に日常の色々な事を書いていきます!

現役介護福祉士が教える外出支援の注意点

今回は外出支援の際、気を付けるべきポイントをいくつか書いていきたいと思います。
高齢者や障害者の方は、普段なかなか遠くに行く事が難しかったりするので、たまの外出はとても嬉しいみたいです。


自分も高齢者や障害者の方と一緒に様々な場所へ外出に出掛けました。浅草に行ったり秩父に行ったり映画やプール、遊園地にも行きました。
色々な場所に行ってきた中で、いくつか失敗もしてきました。なので、これは持っていった方が良い、ここは調べといた方が良い等、実際に経験しないとわからない自身の体験を伝えていきたいと思います。


まず初めに外出の際は、必ずトイレの場所を調べて下さい!例えば、浅草に行くとしたなら、浅草まで行く途中の駅のどこに多目的トイレがあるのか、また浅草に着いたら、デパート等の中に多目的トイレはあるのか等必ず事前に調べて下さい、自分の場合はトイレが間に合わずに衣類を汚させてしまった経験があるので気をつけて下さい。
また排泄の際、手すりはあるのかも見ておくと良いです。


次に、持ち物についてです!食事や排泄の際は必ず持っていってほしいものがあります。それは、スプーンやフォークは勿論、タオルやお手拭き、ゴム手袋、ビニール袋、オムツやリハパン、パット等です!後、新聞紙もあると汚してしまった際、まとめて拭き取れるので便利です。これだけ持っていけばとりあえず、何かあったときに対応が出来ます!


そして、最後に手帳は必ず外出に出発する前に確認していって下さい。
手帳は電車やバス、公共の場所で割引が効くので絶対に忘れないで下さい。
上野動物園なんかは、本人と介助者は無料ですし、プール等も無料や安くなる場所も多かったです。


後、レストラン等に入る場合、車椅子の幅がきちんとあるのかも忘れないで下さいね。車椅子の幅があまりないレストランに行った時に、大変な思いをしたので要注意です!

老人ホームをお探しの方オススメです。

             ↓ 

 

 


福祉・介護ランキング