介護のおじさん日記

介護を中心に日常の色々な事を書いていきます!

介護職員の人材不足問題について真剣に考えてみる

昨日ニュースで介護職員の人材不足問題が急速に進んでいると報じられていた。

正直当たり前だと思います。

自分が今いる所はまだ良い方ですが、大抵の会社が重労働で給料も安く、さらに有給も使えない等の会社が全国に多く点在しています。

ボランティアとさほど変わらない給料や待遇で働いて下さいという方がおかしいと思います。

政府が、AIやロボット、さらに外国人労働者を導入して少しでもこの介護業界の人材不足を止めようと頑張っていますがあまり効果はないでしょう。現場を知らなさすぎです。

本当にこの介護職員の人材不足問題を解決しようと考えているのなら、資格を取って一生懸命に働いている介護職員を手放さない事だと思います。

その為には何をするべきか?答えは簡単、現職員の給料を他の産業と同等にし、休みもしっかりと消化させるべきです。

海外では、介護職員は公務員と同じように扱われている国もあると聞きます。

正直、国会でなんの仕事をしているかわからない人達に高い給料を支払うのなら、もっと他の所にお金を回してほしいです。

介護職は労働の割にあまりにも給料が安い会社が多いです。

でも、不満を言えず淡々と働いている人が多すぎると思います。

もう少し、介護業界の現実を伝える為にストライキでも起こしても良いと思います。

自分が今まで働いて来た中で、多くの同僚が介護業界を去って行きました。

皆最初は志をもって入って来たのに、数ヶ月、数年するといつの間にかいなくなっていました。すごく悲しかったです。

結局、誰が一番悲しいかというと、「利用者の方」が一番の被害者だと思います。

職員と利用者同士が仲良くなって来たと思ったら、職員が待遇に不満を持ち辞めてしまいます。そうすると、利用者さんはいつも寂しそうな顔をしていました。

やはり、利用者さんに人権があるように、職員にも人権があります。

ボランティアではないので、ある程度はしっかりとした待遇にしてほしいです。

この人材不足問題について、皆それぞれ意見があると思います。

しかし、なかなか言えないのが現状です。

この人材不足問題の原因がどこにあるのか真剣に突き詰め、少しでも介護職員の待遇を上げて頂きたいと思い、書かせて頂きました。

介護職に興味がある方はぜひ登録してみて下さい。

自分もこのサイト使いました☆

           ↓

介護士の求人ならベネッセグループの【ベネッセMCM】


福祉・介護ランキング