介護のおじさん日記

介護を中心に日常の色々な事を書いていきます!

退職理由ランキング第1位【人間関係】で悩んでいるあなたへ

介護業界も一般企業と同じ理由「人間関係」で職場を辞める人が後を絶たないです。

介護の仕事は密に人と関わるお仕事なので、余計に人間関係で悩みを抱える人が多いです。今まで働いてきて、人間関係を理由に退職された方を数多く見てきました。

例えば、職員が施設長の考えと合わず、退職してしまった方や、同僚同士で喧嘩して辞めて行った人、苦手な利用者がいて、辞めてしまった方等、本当に沢山見てきました。自分も人間関係を理由に退職した事がありますが、転職して学んだ事があります。

それは、いくら転職したとしても、必ず自分と合わない人間はどこにいっても間違いなくいるという事です。このことは、確信を持って言えます。

じゃあ、人間関係で悩んだ時はどうすれば良いのか?自分のオススメの解決策は、相手の尊敬出来る部分や自分にはない優れた点を見つける事です。必ず、何か一つは見つかるはずです。嫌いな相手に嫌々接していると、よけい相手の事が嫌いになり、もっと苦手意識を持つ事になります。そうなると、気持ちがさらに疲れてくるので、やめましょう。相手は悩んでいないのに、自分だけ悩んでいるとバカバカしくなります。

そして、もう一つ。

人間関係で悩み、転職を考えている方は、一度立ち止まって考えた方が良いです。

介護業界では、給料が安いという理由で転職する方もいらっしゃいます。

この転職理由は、生活がかかっているので、納得いきます。しかし、人間関係を理由にもし、あなたが転職を考えているならば、急がない方が良いです。

特に、人間関係以外の給料や待遇が良いという人ならば、余計辞めない方が良いと思います。辞めないで、まずは、直属の上司だったり、同僚に相談しましょう。

そして、出来る事なら異動が可能か聞いてみましょう。転職ならまた一からになってしまいますが、異動であれば一からではないので、出来る限り異動を提案しましょう。

それでもダメなら、そこで転職しましょう。

最後に、実習に行った時に80歳近くのおばあさんに言われた言葉があります。

それは、気持ち次第(考え方次第)で毎日が楽しくなったり、つまらなくなったりするということです。人間関係についても同じ事が言えると思います。

考え方次第で、もしかしたら、嫌いな相手も好きになるかもしれません。

どうせ、同じ時間働かなければならないなら、楽しんで仕事しましょう。


福祉・介護ランキング