介護のおじさん日記

介護を中心に日常の色々な事を書いていきます!

明日は当たり前に来るとは限らない

今日、朝仕事へ向かう途中に交通事故の現場に出くわしました。自分が第一目撃者でした。
坂の途中で、右からいきなり車がトップスピードで飛び出してきました。
車は電柱と衝突し、バンパーは完全に壊れ、電柱の下のコンクリートもめくれあがっていました。
車の中から、若い女性が出てきて、すごく気が動転していたので、その方の代わりに自分が警察を呼び、他の見ていた方が救急車と消防車を呼んでくれました。
幸い女性の怪我も、エアバッグが衝撃を吸収してくれたのか、軽傷で済みましたが、後三秒早く坂を登っていたら、今自分はこの世にいなかったかもしれません。
今回の一件で思ったことは、明日が来ることは、当たり前のことじゃないんだと感じました。
今まで、これから、何十年も当たり前のように生きていけると考えていましたが、今日起きた出来事によって考え方が変わりました。
未来を描くことよりも、今を大事にしないといけないんだなとつくづく思いました。
また、毎日一緒にいてくれる家族や友達にも日々感謝しなければいけないと感じました。
生と死が隣り合わせにいることに改めて気づかされた一日でした。